劣化する要因

外壁の強度が高められます

住宅で最も傷みが激しいのは、エクステリアです。屋内と異なり、日光や風や雨などの影響を常に受け続けているからです。日光を浴びれば乾燥してビビ割れが生じますし、強い風が吹けばヒビの中に塵などが入り込みますし、雨に濡れればカビやコケが生えてきます。長年こういった状態が続けば、エクステリアの中でも特に外壁部分は、かなり傷みます。 それを防ぐことができるのが、外壁塗装です。外壁塗装とは、外壁の強度を高めるために、外壁全体に塗料を塗ることです。塗料を塗る際には、洗浄により塵やカビやコケなどが徹底的に除去されます。さらにコーキングという、ヒビ割れの補修もおこなわれます。その上で乾燥や衝撃や湿気に強い塗料を塗るので、外壁は非常に頑丈な状態になるのです。

セルフクリーニング効果のある塗料

しかし外壁塗装をしても、外壁はある程度は日光や風や雨の影響を受けます。表面には汚れが付着しますし、日光によって徐々に劣化していきます。そのため外壁塗装は、塗料が完全に劣化する前に再びおこなうことが必要です。住宅が建っている場所や気候にもよるのですが、外壁塗装はだいたい10年に1度は必要と言われています。 しかし昨今では、非常に高品質な塗料が開発され、普及し始めています。光触媒塗料という、付着した汚れを日光で分解して除去するという、セルフクリーニング効果のある塗料です。日光によって劣化せず、むしろその日光を味方につけて美しい状態を保つことができるのです。10年どころかもっと長く外壁を守り続けることができるので、注目度は現在非常に高まってきています。