雪道を走る際

雪道で運転するときのポイント。

雪道を走る際にやっておくべきことがあります。それはワイパーとタイヤはそれぞれ冬季専用のものがあります。冬がきたら前もって取り替えておきましょう。雪道は車間距離をいつもより広くとるようにします。雪道ではブレーキを踏んだ時に普通の道に比べて止まるのに時間がかかります。いつもと同じ車間距離では、事故を起こす可能性が高くなってしまします。また朝方などに道で除雪作業をしている方など大勢います。視界不良の時などは特に安全運転を心がけてください。除雪作業で出来た雪に融雪剤を撒くと効果があると思う方もいますが、ほとんど意味はありません。融雪剤が効果的なのは、薄い氷がはられて道路が凍結した路面に撒いた時だけです。

道を選んで安全に走る。

車のウォッシャー液などは普通のタイプの場合は凍結してしまう恐れがあります。今はマイナスの世界でも凍らないタイプのものがありますので入れ替ておきましょう。雪が積もっているところは道幅分かりにくいので気を付けて走ります。走る場所も田舎道を避けて国道を走るようにします。なぜかというと早く除雪作業をする車両が通るからです。除雪車も全部の道路を一気に作業出来ませんので大勢の方が通る大きな道路を優先的に作業します。大雪が降った時や気温が氷点下まで下がった時はたとえ遠回りになったとしても除雪された道を通るほうが良いです。普段人通りが少ない場所は除雪作業が遅れることがあるのでそのエリアには入らないほうが無難です。